症状が出たら危険のサイン!高脂血症は悪化する前に正しいケアを

病院

早期に病気を発見する

女性

消化器系の病気に

医療技術が進歩している現在では、多くの病気は治療することが可能となっています。しかし、その為には出来るだけ早期に発見する必要があります。その為には日頃から様々な検査を受けることによって病気の兆候が無いかどうかを調べる必要があります。検便検査もそんな病気の早期発見に役立つ検査方法の一つです。検便検査には便潜血検査と腸内細菌検査とがあり、どちらも消化器系の病気を発見するのに役立ちます。便潜血検査は便に血液が混じっていないかどうかを調べる検査であり、胃癌や大腸癌などを発見することが出来ます。腸内細菌検査は腸内にいる最近を調べるもので、赤痢菌やサルモネラ菌などを発見することが出来ます。これらの菌は人に伝染する恐れがあるために、飲食関係で働く場合には義務付けられているものです。また、海外旅行に出かけた際には日本と違って衛生状態が良くない国もあるので腸内細菌検査を行っておくと安心です。

体調管理に注意を

主に消化器系の病気などを発見するのに役立つ検便検査ですが、健康状態によっては正確に検査結果が出ない場合もあります。細菌性の下痢になっている場合は、腸内細菌検査は陽性と判断されてしまうことがあります。また、検査結果には影響は出なくとも下痢の場合は検便検査そのものが難しい場合があります。水っぽい部分を採取してしまうと検査結果が正確に出ない場合がありますので、そういった場合は出来るだけ固まっている部分を採取する必要があります。検便検査には出来るだけ新しい便が必要になるため、事前に体調が良い時に採取しておくという方法は望ましくはありません。体調が悪く下痢の状態でも検査は可能ですが、通常よりは面倒になってしまいますので検便検査を行なう際には体調管理に注意が必要です。